WEBページの構造について

Webサイトを制作していく初期工程ではずせないのが、表示すべき多くのページを構造化していく作業である。構造化はさまざまな切り口で行われているが、基本はWebサイト全体がツリー構造になるようにするべきだ。 なぜなら多くのユーザーは、検索エンジン経由でツリーの最下部に あたる個別情報ページにたどり着き、上部のカテゴリページへと移動したのち、ほかの個別ページを閲覧するというパターンをたどるからだ。また、ツリー構造を崩すと、パンくずリストと呼ばれる Webサイトの 構造と現在の位置を表すナビゲーションも作成できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です